ジェームズ・ガン監督、初来日!ウルトラマンが好き?町山さんインタビュー動画有【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】

脚本、映画監督、プロデューサー、俳優など幅広くこなすジェームズ・ガン。

本業が一体何なのかわからないくらいです。(笑)

今回はジェームズ・ガンの過去の作品やインタビュー内容をまとめました!!





ジェームズ・ガン監督の映画「スーパー!」

映画「スーパー!」はジェームズ・ガンが脚本を手掛けたコメディ映画。

正確には、ブラックコメディというジャンルのようです。

出典:kaigai-drama-board.com

あたまにブラックがつく所以は、暴力的なシーンも盛り込まれているからだとか!

映画「スーパー」と似てる作品を挙げると、「キック・アス」的な映画ですかね(笑)

あらすじはこんなかんじ↓

ダイナーのコックとして働くフランクはサラと結婚するが、気弱でうだつの上がらないフランクに幻滅したサラはドラッグの元締めのジョックと浮気をする。絶望したフランクはテレビで見た子供たちを指導するヒーローに感化され、自前のコスチュームを着て「クリムゾンボルト」と名乗り、夜の町をパトロールして配管用のレンチでドラッグの売人を叩きのめしていく

出典:ja.wikipedia.org

ジェームズ・ガンは「スーパー!」の脚本を2002年ごろから書き始めていましたが、

暴力的なシーンをコミカルに表現することに苦戦していたようです。

この映画を観た人はこんな感想を述べています。↓

何といってもこの映画の素晴らしい点は、徹底して暴力というものを冷めた視点から捉え、それをユーモアに転換しているところです。ちょっと前まで「無限の正義」なんぞを謳っていたアメリカもついにこんな映画を出すようになったか…と思わず時代の流れを感じてしまったのは何とも言い難い体験でした。出典:d.hatena.ne.jp

映画「スーパー!」はまだ観たことがない作品なので、とても気になります!!




ジェームズ・ガンとウルトラマンの意外な関係!!

ジェームズ・ガンは、実は「ウルトラマン」がとても好きなんです!

幼少期から、アメリカで放送されていた「ウルトラマン」を観て育ったそうです。

アメリカでウルトラマンが放送されていたことにまず驚きです(笑)

ここで、ジェームズ・ガンのウルトラマン愛がわかるエピソードをいくつかご紹介します。

まず、2014年に開催された「第27回東京国際映画祭」で審査員長をつとめたジェームズ・ガン。映画関係者らによるインタビューを終えたあと、ジェームズ・ガンへのサプライズとして登壇したのが。ウルトラマン!(ついでにバルタン星人も)。

出典:m-78.jp/wp-content

ジェームズ・ガンはこのサプライズに、「人生最高の瞬間だ」ととても喜んだそうです。

また、ジェームズ・ガン自身が監督をつとめる「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編にウルトラマンを出したいと考えているみたいです。

世界的な映画監督であるジェームズ・ガンが日本の国民的ヒーローを好きでいてくれるなんて、嬉しい話ですよね!



ジェームズ・ガン監督の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は

ジェームズ・ガンが監督、脚本を担当したSFアクション映画です。

出典:pixiin.com

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は、ストーリーが複雑で、あらすじをうまく要約できないのですが、

とある出来事をきっかけに

主人公の少年が宇宙船に乗りこんだところからストーリーが始まります。

そして、主人公の少年はいつしか追われる身となり、戦ったり、逃げたり、、、

といった感じのストーリー展開です。

ざっくりしすぎて、映画の面白さが伝わりませんね(笑)

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の魅力は、

アベンジャーズシリーズを網羅するには欠かせない作品であるということです。

映画のいたるところにマーベルの重要なキャラクターたちが登場してきます。

ぜひ、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」をチェックしてみてください!




ジェームズ・ガンが町山智浩とのインタビューに応じた!動画あり!

約15年前、ジェームズ・ガンが映画評論家の町山智浩のインタビューに応じる映像です。

ジョークも交えながら快くおしゃべりしてくれていますよね。

性格よさそうだな~(笑)

出典:youtube.com

ジェームズ・ガンが初めて脚本をつとめた映画「トロメオ&ジュリエット」の制作秘話などが聞けてとても面白いですよね!

まさか、アルバイトでの出会いがジェームズ・ガンの将来を切り開いたなんて驚きです。

ジェームズ・ガンは世界ツアー中!第3弾「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の制作決定をFacebookで告知!!

ジェームズ・ガンの代表的な映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は現在、第3作品目を制作予定だそうです。

ジェームズ・ガンは第3弾でも監督&脚本を務めることが決定しており、それを自身のFacebookで明かしました。

ジェームズ・ガンは現在、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主要キャストらと世界ツアーを行っており、映画のプロモーション活動に専念中です。

ジェームズ・ガンはFacebookで、世界ツアーで各国の記者から聞かれるだろう質問をあらかじめ予想し、コメントしています。↓

「たぶん一番多いのは、『Guardians of the Galaxy Vol.3』はどうなるのか? 私が監督するのか?ということだろう」として、「ハリウッドの歴史上、3部作の映画が行き当たりばったりの結末を迎えたこともあるが、私はそんな不名誉な伝統の一部になりたくない」などと熱い思いを語っている。そして「ええ、私は『Guardians of the Galaxy Vol.3』の監督・脚本家として戻ってきます」「1、2作目のように皆さんの期待を超えるような物語を作り出します」と発言した。

出典:natalie.mu

ジェームズ・ガンのインタビューによると、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は第3弾で完結させるみたいなので、見逃せないですね。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の完成が楽しみです。




ジェームズ・ガンがクリス・プラットと初来日!ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーPR!

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のプロモーションのための世界ツアーで、

ジェームズ・ガンは主演のクリス・プラットとともに来日を果たしました。

出典:cdn2.natalie.mu

マーベル・スタジオのヒット作「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編となる「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のプレミアイベントが4月10日、東京・新豊洲 Brillia ランニングスタジアムで開催された。出演のクリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デビッド・バウティスタ、メガホンをとったジェームズ・ガン監督、日本語吹き替えキャストの山寺宏一、加藤浩次、遠藤憲一、秋元才加が銀河をイメージした“ブルーカーペット”を練り歩き、集まった500人のファンを熱狂させた。

出典:映画.com ニュース、eiga.com

日本に来るのは初めてだったジェームズ・ガンは、

終始ハイテンションでイベントを盛り上げたそうです。

ジェームズ・ガンは日本のキャスト陣や会場に集まったファンたちに感謝の気持ちも述べ、

喜びを表現していたみたいです。

ガン監督は「皆さんが大好きです、皆さんを愛しています。私はこの映画が大好きで、日本が大好きです。この映画を東京でお披露目できることを嬉しく思います」と喜びを抑えきれない様子だ。

出典:映画.com ニュース、eiga.com

以上、ジェームズ・ガンについてお伝えしました!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★記事に対するコメント大歓迎★   コメントを通して、読者のみなさんの交流の場になるとうれしいです!海外の俳優さん&女優さんの情報や、ハリウッド映画、海外ドラマの感想など、ぜひ書き込みをお願いします。 ※みなさんが不快の念を抱くようなコメントや、失礼な言葉遣いのコメントについては、編集または削除する可能性がございます。何卒ご了承ください。 まったり居心地の良いサロンのような交流サイトになれば幸いです★    

また、Twitterのアカウントを開設しましたので、気に入ってくださった方は、ぜひフォローをお願いします♥

 

出典:scifinow.co.uk3

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です