リーアム・ニーソン、亡くなった妻や息子、義母とは仲良し!アクションが神【最新映画、沈黙】

あまりにも渋いその容姿と確かな実力を盾に、ハリウッドトップのアクション俳優として第一線を歩く俳優リーアム・ニーソン

pinterest.com

無骨で哀愁の漂うリーアム・ニーソンの演技は、多くの映画ファンと名監督達を唸らせています。

今回はそんなリーアム・ニーソンについて見ていきましょう!



リーアム・ニーソン最新映画「沈黙-サイレンス-」

遠藤周作原作映画「沈黙-サイレンス-」。

リーアム・ニーソンは日本に渡ってキリスト教を布教する役目を与えられたポルトガルの神父、クリストヴァン・フェレイラ神父を演じます。

fashionpost.jp

物語は信心深いクリストヴァン・フェレイラ神父(リーアム・ニーソン)が日本で棄教してしまう知らせを受けるところから始まります。

リーアム・ニーソンはこの役を演じるために、なんと-9kgものダイエットを成功させたのだとか!

共演した窪塚洋介はリーアム・ニーソンについて

「選ばれた時には和服を着て、爪楊枝を2つ刺してて、これはおそらく三船さんの映画をいっぱい観て影響されたんだろうなと (笑)。そういう部分から自分を律しているんだなと思うと、もう侍みたい。」

出典:http://fashionpost.jp/portraits/90149

と話しています。

江戸時代の日本におけるキリシタン弾圧を描いた映画「沈黙-サイレンス-」。

リーアム・ニーソンの演技にも注目です。



リーアム・ニーソンとキューバの政治家・カストロが似てる

先日亡くなった、キューバ革命に尽力した政治家フィデル・カストロ

彼とリーアム・ニーソンが似ている…?という話が度々話題に挙げられているようです。

リーアム・ニーソンとフィデル・カストロを比較した画像がこれ!

syri.net

左がリーアム・ニーソン、右が若い頃のフィデル・カストロです。

確かに鼻の形や額の感じ口元などよく似ていますよね!

フィデル・カストロを題材した映画が新しく製作されることになったら、

是非リーアム・ニーソンに出演して欲しいものです。



リーアム・ニーソンが飛行機の中で大アクション!映画「フライト・ゲーム」

2014年に公開された映画「フライト・ゲーム」。

movies.yahoo.co.jp

ロンドンへ向かう旅客機の中、保安官であるビル・マークスのもとに

1億5000万ドルを口座に入金しなければ乗客をひとりずつ殺す」というメールが届き、

遥か上空、密室の旅客機の中で犯人特定に奔走する…というストーリー。

確固たる演技力と圧倒的な安定感で人気を誇るリーアム・ニーソンですが、

この映画でも抜群の演技力を見せてくれているようです。

犯人を見つけ出そうとしている間にも次々と乗客が殺されていく焦燥感、

そして何より犯人から入金のため指定された口座はビル自身のもの!という

観客ですらもビルを信用できない緊張感がノンストップの映画です。

良質アクションを楽しみたい時に選んでみてはいかがでしょうか。



リーアム・ニーソンが結婚した妻は名女優の娘。子供は?

1994年に女優のナターシャ・リチャードソンと結婚したリーアム・ニーソン。

usmagazine.com

ナターシャ・リチャードソンはアカデミー賞やエミー賞、ゴールデングローブ賞など様々な賞を受賞してきた名優、ヴァネッサ・レッドグレイヴの娘

リーアム・ニーソンとナターシャ・リチャードソンの間には、1995年とその翌年には息子が生まれ、おしどり夫婦としても知られていた2人でしたが…

ナターシャ・リチャードソンはスキー場での転倒事故をきっかけに脳死状態となってしまい

本人の希望のもと生命維持装置が取り外され、死去するという結果になってしまいました。

ナターシャ・リチャードソンとの死別以降は目立って浮いた噂がないリーアム・ニーソン。

最近ではリーアム・ニーソンとナオミ・ワッツとの関係が噂されていますが、事実無根のようです。

ナオミ・ワッツ

ナオミ・ワッツ、なぜ日本風の名前?仏教徒でニコール・キッドマンと親友!

出典:cinematoday.jp

リーアム・ニーソンと亡くなった妻ナターシャ・リチャードソンとの間には、2人の息子がいます。

wonderwall.com

息子二人とホッケーの試合を観戦するリーアム・ニーソン。

義母のヴァネッサ・レッドグレイヴと4人で出かけることも多く、仲が良いようです。

丁度3人共同じ方向を向いているのもあってか、とても似ていますね(笑)

まさに親子という感じです。



渋い系イケメン、リーアム・ニーソンのアクションがかっこいい!

ハリウッド屈指のアクション俳優と言われるリーアム・ニーソン。

先ほど紹介した「フライト・ゲーム」や、映画「スターウォーズ:ファントム・メナス」「96時間」などでも、リーアム・ニーソンはキレッキレのアクションを披露しています!

Youtubeに「96時間/リベンジ」でのアクションシーンがアップロードされていたのでご紹介します。

出典:youtube.com

4年前の映画なので、この時リーアム・ニーソンは60歳!

60歳とは思えないキレッキレのパンチを御見舞!

背中と拳で語るカッコよさ。これがリーアム・ニーソンの魅力ですね。



リーアム・ニーソン主演バージョンの映画「レ・ミゼラブル」

「レ・ミゼラブル」といえばヒュー・ジャックマン主演の2012年公開版が話題になりましたが…

1998年に公開された「レ・ミゼラブル」では、

リーアム・ニーソンが主人公、ジャン・バルジャン役を務めています!

yahoo.co.jp

リーアム・ニーソンのジャン・バルジャン、イケメン!

たった一度の小さな盗みで人生を狂わされてしまう主人公のジャン・バルジャン。

この映画ではジャン・バルジャン(リーアム・ニーソン)と、厳重罰こそが正義だと信じるジャベール警部の2人を中心に描かれます。

2012年公開版はミュージカル映画ですが、こちらは通常のドラマ映画。

ミュージカルが苦手で取っ付き辛い…という方にも是非おすすめです。



リーアム・ニーソン出演映画ならコレ!おすすめ3本

アメリカの批評サイト「Rotten Tomatoes」で高評価を得ているリーアム・ニーソン出演映画の中から、おすすめ映画をチョイスしてみました。

2005年公開「バットマン・ビギンズ」

malaysub.com

バットマンシリーズの中でも最も重要とされるシリーズ第一作目。

題材はヒーロー物ではありますが、悲劇的な題材とダークな世界観によって描かれる本作。

主人公ブルース・ウェインの指導者であり悪党、ラーズ・アル・グールを演じている

リーアム・ニーソンの演技が、「バットマン・ビギンズ」をアニメちっくなヒーロー物より

一線も二線も画すものにしています

1993年公開「シンドラーのリスト」

geocities.jp

ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人の大量虐殺)を描いた映画。

リーアム・ニーソンは主人公のドイツ人実業家、オスカー・シンドラーを演じています。

金儲けのためにユダヤ人を雇い工場を経営しているオスカー・シンドラー(リーアム・ニーソン)は、やがて「自分がユダヤ人を雇うことで彼らの命を助けられる」ことに気が付きます。

お金のことしか眼中になかったシンドラー(リーアム・ニーソン)が次第に変わっていく様子、決して善人ではなく、それゆえに葛藤するシンドラーというキャラクターをリーアム・ニーソンが熱演しています。

ユダヤ系アメリカ人であるスピルバーグ監督の演出も見逃せない一作です。

2011年公開「ザ・グレイ」

amazon.co.jp

飛行機の墜落事故によってアラスカの山中からの脱出を余儀なくされた男たちの、自然に立ち向かう姿を描いています。

リーアム・ニーソンが演じるのは自然には詳しいものの実践での力は何ら持たない射撃のプロ、オットウェイ

狼の縄張りに来てしまったことにより救助を待たず逃げることを決意しますが、

自然はあくまでも無慈悲に彼らに襲いかかります。

助けてくれるヒーローや、丁度いいタイミングで来る救助はありません。

オットウェイ(リーアム・ニーソン)は銃のプロであるにも関わらず銃を持っていないというのもポイントです。

使わないならそんな設定いる?と思うところですが、あったら使えるのに使えないという

歯痒さが、人間の無力さを克明にしています。

映画「ザ・グレイ」ではリーアム・ニーソンお得意のアクションも。

重厚感のある演技と闘い、リーアム・ニーソンのファンには必見の一作です。

もちろんリーアム・ニーソンのファンでない方にもお薦め!(笑)

考えさせられる作品です。

圧倒的存在感で評論家に「最早”リーアム・ニーソン”というジャンル」とも言わしめるリーアム・ニーソン

最新出演作「沈黙-サイレンス-」も絶賛公開中です!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★記事に対するコメント大歓迎★   コメントを通して、読者のみなさんの交流の場になるとうれしいです!海外の俳優さん&女優さんの情報や、ハリウッド映画、海外ドラマの感想など、ぜひ書き込みをお願いします。 ※みなさんが不快の念を抱くようなコメントや、失礼な言葉遣いのコメントについては、編集または削除する可能性がございます。何卒ご了承ください。 まったり居心地の良いサロンのような交流サイトになれば幸いです★    

また、Twitterのアカウントを開設しましたので、気に入ってくださった方は、ぜひフォローをお願いします♥

 

出典:scifinow.co.uk3

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です