最後は少し切なくなる・・・映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の感想・あらすじ・ネタバレ有り!

映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のおすすめ度

 ★★★★☆ オススメ!観る価値有り

映画「スター・ウォーズ」シリーズは、そのエピソードとエピソードの間にかなりの時間差があり、外伝的なスピンオフ作品(イウォークものやテレビのアニメシリーズ、小説など)でそのギャップを埋めるというのがこれまでのやり方でした。

この映画「ローグ・ワン」もその1本ですが、これまでと違うのはその体裁を本来の正伝に近くし、大作として大々的に宣伝したということです。

したがって最初の流れてゆくクレジットがないだけで、作品内容はかなり「スター・ウォーズ」本来のシリーズに近いものになっています。

ストーリーそのものは、エピソード3と4の間を埋めるもので、特に4の冒頭に直接プロットがつながるように作られているのがファンとして面白いのですが、もしシリーズに親しんでいないとしたら、見終わっても何がなんだか分からず、チンプンカンプンでしょう。

宣伝では「エピソード4を見た上で劇場へ」とでも言ってほしかったと思います。

あと、エピソード4にこの映画に出てくるキャラクターは登場しない事をファンは知っていますから、それだけで全員が死んでしまう結末が分かってしまうという欠点もあります。

まあ、こうして何のかんの言っても、それも映画「スター・ウォーズ」が好きだからで、長年のファンとしてはこういう特殊な映画が作られることに満足しています。

フェリシティ・ジョーンズ演じるジン・アーソが健気でかわいい!

科学者の娘として生まれながら、帝国軍の手によって目の前で母親を殺され、数奇な運命を辿ることとなるジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ

フェリシティ・ジョーンズの身長・学歴・彼氏は?マクドナルド好き!【ローグ・ワンPRで来日】

ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズは一匹狼の戦士に育てられたあと、離れ離れになっていた父親と邂逅するもののそれも束の間。

やがて反乱軍の一員として捨て身の作戦に参加することになります。

フェリシティ・ジョーンズ演じるジン・アーソの遍歴は多くの批評家が言及するようにエピソード4でのハン・ソロに似ていて、初め無法者だったのがひょんな事から反乱軍の人間と知り合い、その能力を見込まれてリーダーのひとりとなってゆくというもの。

幼少期の環境ゆえにその一生が決定するというヒロインで、その健気さがこれまでの「スター・ウォーズ」になかった魅力です。

レイア姫のように恵まれた育ちではないため、見ていて思わず応援したくなるのですが、そんな同情心を募らせた上でのその最期……。

予想がつくとは言え、何とも声を失うものです。

今後はシリーズに登場しないのは分かっていますが、何とか縁故のあるキャラクターを作り出してもらいたい気がします。

ディエゴ・ルナのキャシアン・アンドーがイケメン★

 反乱軍のスパイであり、パイロットでもあるキャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナ

イケメン、ディエゴ・ルナの離婚した元妻&彼女は?【ローグ・ワンPRで来日】

一匹狼のソウに絡んでジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズと出会って以来、ジェダ・シティ、パルチザンのアジト、惑星イードゥーと、彼女と行動を共にします。

そして、司令官たちに反対されたジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズの提案を支持し、特殊部隊の面々と決死のスカレフ潜入を行い、仲間を全員失うという特攻行為の末、デス・スターの設計図を送信。

使命を果たしたものの、ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズと最後を迎えることとなります。

ディエゴ・ルナ演じるキャシアン・アンドーは、ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズと1番仲良くなる反乱軍メンバーですが、何しろその一緒にいた期間が短すぎて、彼女との心の交流をする時間もないといった有様です。

この映画の物語の大部分が非常に短い時間的スパンで語られているために仕方がないのですが、もう少しキャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナのキャラクターを描き込み、仲間との交流も印象深く描いていれば、ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズと一緒に迎えるラストもさらに感動的になったと思うのですが……。

しかしディエゴ・ルナの好演もあって、その精悍さと命を惜しまぬ勇敢さは印象に残ります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★記事に対するコメント大歓迎★   コメントを通して、読者のみなさんの交流の場になるとうれしいです!海外の俳優さん&女優さんの情報や、ハリウッド映画、海外ドラマの感想など、ぜひ書き込みをお願いします。 ※みなさんが不快の念を抱くようなコメントや、失礼な言葉遣いのコメントについては、編集または削除する可能性がございます。何卒ご了承ください。 まったり居心地の良いサロンのような交流サイトになれば幸いです★    

また、Twitterのアカウントを開設しましたので、気に入ってくださった方は、ぜひフォローをお願いします♥

 

出典:scifinow.co.uk3

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です