ホワイトカラー シーズン6 、最後まで騙される!【あらすじ・感想・ネタバレ有り】マット・ボマーがイケメン!

海外ドラマ「ホワイトカラー」のおすすめ度

★★★★☆ オススメ!観る価値有り

ホワイトカラーは面白いですね!




主人公であるニール・キャフリー(マット・ボマー)と捜査官であるピーター・バーク(ティム・ディケイ)が色んな詐欺師を捕まえて行くんですけど、最終シーズンはまさに驚きの連続です。

ファイナルシーズンの前のシーズンで突然ニール・キャフリー(マット・ボマー)が、何者かに連れ去られてしまい、誘拐の事実をを知らないピーター・バーク(ティム・ディケイ)達はニール・キャフリー(マット・ボマー)が逃げたと疑ってしまうわけです。

ニール・キャフリー(マット・ボマー)も仲間だと思っていたFBIに裏切られて、逃げたいという気持ちがあったため、自分を誘拐した男に協力して、FBIから逃げ出す事にしたんです。

でも、そのニール・キャフリー(マット・ボマー)の逃亡計画も嘘で、ピーター・バーク(ティム・ディケイ)に自分を見つける手がかりを残して、誘拐した犯人を捕まえさせる訳ですね。

誘拐した犯人の目的が、一流の詐欺師集団であるピンクパンサーズの仲間になることだったので、代わりにニール・キャフリー(マット・ボマー)がピンクパンサーズに潜入して奴らを捕まえる代わりに自分を自由にしろと条件を出したので、潜入捜査の始まりです。




でも、潜入したらまさかのケラーの登場ですからね、これはビックリです。

ケラーはニール・キャフリー(マット・ボマー)の宿敵です。

ピーター・バーク(ティム・ディケイ)・バークにとっても妻エリザベス・バーク(ティファニー・ティーセン)をかつて誘拐した憎むべき相手。

でも、ケラーは極悪人を収監する刑務所にいるハズ。

ケラーがピンクパンサーズにいることはおかしいわけです。

何とケラーもピンクパンサーズで潜入捜査をしていたんです。

連邦捜査官との取引で、ピンクパンサーズの黒幕を捕まえたら、ケラーは釈放されるそうです。

でも、ケラーは潜入捜査官であることがバレそうになると他の奴を犠牲にしたり、最後の方は捜査官を殺してしまいましたからね。

とにかくケラーに気をつけながら潜入を続ける事にしたニール・キャフリー(マット・ボマー)ですが、自分の状況に疑問を感じてケラーと手を組むわけです。

しかし、ニール・キャフリー(マット・ボマー)は、友人であるピーター・バーク(ティム・ディケイ)とFBIで不自由な生活を送るか、宿敵ケラーと逃亡し自由な生活を手に入れるか、どちらを選択すべきか揺れ動きます。

ピンクパンサーズをやっと捕まえたニール・キャフリー(マット・ボマー)はピーター・バーク(ティム・ディケイ)を結局裏切り、ケラーと逃走します。




ピーター・バーク(ティム・ディケイ)がニール・キャフリー(マット・ボマー)とケラーを追いかけますが、途中でケラーに裏切られ、ニール・キャフリー(マット・ボマー)は撃たれて死んでしまいます。

ケラーも、逃走中ピーター・バーク(ティム・ディケイ)に撃たれて死亡。ピーター・バーク(ティム・ディケイ)はニール・キャフリー(マット・ボマー)の元へ急いで向かうが、ニール・キャフリー(マット・ボマー)はすでに息を引き取ったあとでピーター・バーク(ティム・ディケイ)は愕然とします。

ニール・キャフリー(マット・ボマー)の死が信じられない皆は悲しみにくれてしまいます。

そして、ニール・キャフリー(マット・ボマー)の死後からしばらくたってピーター・バーク(ティム・ディケイ)はあることに気づく訳です。

何とニール・キャフリー(マット・ボマー)は死んでなかったんですよ、もうビックリです。

死体は偽物でニール・キャフリー(マット・ボマー)がどこかの町で生きてる所で終わります。

もう最後の最後で騙されました。

ホワイトカラーは本当に最高です。

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★記事に対するコメント大歓迎★   コメントを通して、読者のみなさんの交流の場になるとうれしいです!海外の俳優さん&女優さんの情報や、ハリウッド映画、海外ドラマの感想など、ぜひ書き込みをお願いします。 ※みなさんが不快の念を抱くようなコメントや、失礼な言葉遣いのコメントについては、編集または削除する可能性がございます。何卒ご了承ください。 まったり居心地の良いサロンのような交流サイトになれば幸いです★    

また、Twitterのアカウントを開設しましたので、気に入ってくださった方は、ぜひフォローをお願いします♥

 

出典:scifinow.co.uk3

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です