ホワイトカラー シーズン6 、最後まで騙される!【あらすじ・感想・ネタバレ有り】マット・ボマーがイケメン!

マット・ボマーがイケメン!ティム・ディケイと息がぴったり★

マット・ボマー演じるニール・キャフリーは詐欺師でティム・ディケイ演じるピーター・バークはFBI知的犯罪犯のチームリーダーです。

出典:gensun.org

二人は最初は捕まえた側と捕まった側の関係だった訳ですが、お互いの事を良く知っているからなのかお互い色んな悩みを相談したり、詐欺師を捕まえて行く事で親友の様な親子の様な関係になって行くわけです。

お互い立場がある事でぶつかり合う事もある訳ですが、二人で色んな事を乗り越えて行く事で信頼関係は築かれて行きます。






ニール・キャフリー(マット・ボマー)が最初の彼女のケイトを探し続けていたときもピーター・バーク(ティム・ディケイ)は常にニール・キャフリー(マット・ボマー)を心配して手助けし、兄の様に接する訳です。

ケイトが死んでしまった後はニール・キャフリー(マット・ボマー)の支えとなりニール・キャフリー(マット・ボマー)もピーター・バーク(ティム・ディケイ)がピンチの時は自分の立場を無視して助けようと頑張るわけです

。ニール・キャフリー(マット・ボマー)は家族がいないですが、ピーター・バーク(ティム・ディケイ)が父親代わりだと言えるでしょう。だからこそ二人はいつでもお互いを信頼でき、お互いのピンチには手助けするわけです。

まさに一心同体の関係と言える訳です。

マット・ボマー&ティム・ディケイに関する以下の記事も良く読まれています★

マット・ボマー

マット・ボマー最新映画「ナイスガイ!」。ドラマ「トゥルーコーリング」にも出てた?

マット・ボマーがゲイ?彼氏と結婚?パートナーや養子の子供、身長まとめ

ティム・ディケイ

出典:picsofcelebrities.com

ティム・ディケイ、結婚や家族、年齢は?ホワイトカラーのピーター役は高身長

ティファニー・ティーセンが良き妻すぎる!マット・ボマーやティム・ディケイとも仲良し★

ティファニー・ティーセンが演じるのはピーター・バーク(ティム・ディケイ)の妻であるエリザベス・バークです。

彼女は素晴らしい人ですね。

常にピーター・バーク(ティム・ディケイ)やニール・キャフリー(マット・ボマー)を気にかけていて、めっちゃ優しい、良き妻です。

ニール・キャフリー(マット・ボマー)に振り回されるピーター・バーク(ティム・ディケイ)をいつも諭しているのがエリザベス・バーク(ティファニー・ティーセン)であり、ニール・キャフリー(マット・ボマー)の良き理解者でもあります。ですが、エリザベス・バーク(ティファニー・ティーセン)自身もピーター・バーク(ティム・ディケイ)を心配させる様な事をする事もあります。

ピーター・バーク(ティム・ディケイ)がピンチの際はニール・キャフリー(マット・ボマー)にどんな手を使ってでも、ピーター(ティム・ディケイ)を助けるように言うこともありピーター(ティム・ディケイ)に怒られることもしばしば。

彼女自身はいつでも夫の味方であろうとし続けている訳ですが、ピーター・バーク(ティム・ディケイ)が気づかない時もあり、ニール・キャフリー(マット・ボマー)の友人のモジーに愚痴を聞いてもらってますね




。ニール・キャフリー(マット・ボマー)がピーターを裏切ったりすると怒る彼女ですがピーター・バーク(ティム・ディケイ)が疑い過ぎておかしい時はニール・キャフリー(マット・ボマー)の事を庇い、ピーター・バーク(ティム・ディケイ)に助言をする事もあります。

ニール・キャフリー(マット・ボマー)にとって、エリザベス・バーク(ティファニー・ティーセン)は母親の様な人ではないでしょうか。

まさにエリザベス(ティファニー・ティーセン)がいなければニール・キャフリー(マット・ボマー)とピーター・バーク(ティム・ディケイ)の関係は成り立たなかったんではないでしょうか。

だからこそ、エリザベス(ティファニー・ティーセン)は素敵な女性であり、素敵な奥さんなんです。

ティファニー・ティーセン

出典:cinemacafe.net

ビバリーヒルズ青春白書のバレリー、ティファニー・ティーセンが出産!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★記事に対するコメント大歓迎★   コメントを通して、読者のみなさんの交流の場になるとうれしいです!海外の俳優さん&女優さんの情報や、ハリウッド映画、海外ドラマの感想など、ぜひ書き込みをお願いします。 ※みなさんが不快の念を抱くようなコメントや、失礼な言葉遣いのコメントについては、編集または削除する可能性がございます。何卒ご了承ください。 まったり居心地の良いサロンのような交流サイトになれば幸いです★    

また、Twitterのアカウントを開設しましたので、気に入ってくださった方は、ぜひフォローをお願いします♥

 

出典:scifinow.co.uk3

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です